日々ラクする

アラフォー主婦、雑にミニマリストをめざし、楽な暮らしをはじめました。8歳の発達障害の男子もち。もうラクだけがいい。

ミニマルの敵は「不安」

うちの小2男子のこと。

3歳の時に発達障害の診断をされて、療育をしつつ、保育園に通ってて。

 

小学生になり、今は通常級。で、放課後等デイサービスに通ってるんですが。

 

子供服の数、けっこう必要。

 

なぜなら、放課後デイで着替えを置いているから。上下二組、下着靴下各2枚。

不注意すぎて、よく転んでズボンに穴があく。

ギリギリの数だと、ズボンをすぐ買いに行ってもサイズがなかったりで。

 

できれば、少数を気倒していただきたいが。

まだ無理なのかなーと。

 

学校で使う鉛筆、消しゴム、ものさし、赤青鉛筆、どれだけ紛失したか…

 

すぐ補充できるように予備が必要。

ないと不安。

 

もうすぐ夏だし、プールバッグを必ず持ち帰って欲しいです。

水着の予備は勘弁してよ、息子よー

 

せめて自分と旦那の物はミニマムに!

と前向きに考えてみます。